アフターピルの購入は通販が便利

避妊失敗時の対処は緊急避妊ができるアフターピルが最適です。医療機関と通販での価格差や手に入れる方法などを記載しています。

アフターピルは通販でお得に購入が出来ます

アフターピルは通販でお得に購入が出来ます

アフターピルというのを聞いたことがあるでしょうか。
「ピル」というと、毎日決まった時間に1ヵ月飲み続ける事で生理痛を軽くしたり、避妊を行ったりするピルの事を思い浮かべる方が多いと思います。

しかしそのピルとは別に、「アフターピル」という名前のピルがあり、そのピルは性行為の後からでも飲むことで避妊の効果を期待する事ができるピルがあるのです。別名「緊急避妊薬」とも呼ばれています。

「緊急避妊薬」という名前からも分かるように、急を要する時に飲む避妊薬で、日常的に使っていい薬ではありません。しかしコンドームが破れてしまった、外れてしまった、ムードに流されてベッドインしてしまい、避妊をすることができなかった、危険日なのに彼のコンドームなしでエッチしたいという要求を断れなかったなど、いろんなシチュエーションでいろんな事が起こる可能性があるものです。
そんな時に「やってしまった・・・」と後悔して次の生理が来るのをビクビクして待つくらいなら、アフターピルを使う方が心にも体にも良いと思います。

エッチの後、早く飲めば飲むほど避妊の効果が上がるので「しまった」と思ったらすぐに服用するのをオススメします。

国内でアフターピルを手に入れるには、婦人科やレディースクリニックに行く必要があります。アフターピルは保険が効かないため、薬代として1万~2万円くらいかかってしまいます。
ただでさえ心と体にダメージを食らっている所に、お財布までダメージを食らうなんて辛いですよね。でも安心して下さい。アフターピルを病院価格の10分の1程度の値段で手に入れる方法があるんです。
それはインターネット上で利用する事のできる「個人輸入代行サイト」を使い、海外で販売されている薬を買うという方法です。

日本は薬の認可に対して海外に比べるとかなり遅く、すでに海外では普通に出回っている良質な薬でも国内では認められていない事例がたくさんあります。

アフターピルもそのうちの1つで、アフターピルのジェネリックは海外では薬局やドラッグストアで購入できるくらい普及していますが、国内では保険も使えないうえに、ジェネリックは取り扱っていません。

しかしそんな不便さも個人輸入代行サイトを利用すれば海外の良質な薬を国内にいながらAmazonや楽天を利用する感覚で購入する事ができるのです。

アフターピルの通販サイト >

避妊に失敗!体験談

ここでは避妊に失敗した方々の体験談を紹介します。

名も無き被検体774号+:2012/02/11(土) 09:36:17.53 ID:9fasOBA5O
あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
「おれはゴムをつけて出したと 思ったら いつのまにか右後ろにゴムが落ちていた」
何を言っているのか わからねーと思うが な…
おれも 何が起こったのか わからなかった…
頭がどうにかなりそうだった… 催眠術だとか着け忘れだとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ…

http://hokuge.blog.fc2.com/blog-entry-210.html

名無しの心子知らず 2002/06/26(水) 12:11:00 ID:X3KDBX7j
ゴム装着+した後ビデで洗浄してたけど妊娠しますた。
ちょっと赤ちゃんはコウノトリが運んでくる説を信じそうになった(w
何がどうなって妊娠出来たんだろ。
なんだかんだで授かりものだから嬉しかったけどね。

名無しの心子知らず 2002/06/26(水) 18:47:00 ID:ERDoq9Ws
我が家の3人の子供のうち2人目はコンドームーで避妊したつもりなのにできたよ。
ちょっと前に待望の子を流産して体調を崩してたので
もう少し時間をあけてから、と思ったのだけど。
と同時に体調も持ち直して、もうこれは運命だったのかと。
だからといってこれから4人目ができたら
体力的にも経済的にもかなり困るなぁ。
やつぱセクースしないのがいちばん確実なんだろうけどねぇ…

名無しの心子知らず 2002/06/27(木) 12:57:00 ID:CTfo3tjR
基礎体温付けてて、生理予定日の一週間前に
安全日だからと油断して生でやったら妊娠したよー。
因みに双子…無事出産しました。
ストレスとかでホルモンのバランスが崩れると
急に排卵される事もあるよ。
今は安全日だろうがゴム使用です…。

名無しの心子知らず 2002/06/30(日) 23:51:00 ID:dlz7LKdh
つけてたのに、できたよ。
漏れた?
当てがはずれた。やっぱりリングしかないか。

https://2ch.live/cache/view/baby/1025059604

できたらできたで生むことを選択できるならそれが一番いいですが、残念ながら中絶の選択をする方もいます。
そうならないように日ごろから低用量ピルやコンドームで避妊をし、それでも失敗してしまった場合はアフターピルが手元にあると安心ですね。

通販でアフターピルが購入出来る理由

通販でアフターピルが購入出来る理由

アフターピルを使いたい、持っておきたいとお考えの方は医療機関へ行けば手に入れることが出来ます。処方せんが必要な薬(処方せん医薬品)なので、薬局では購入する事が出来ません。一方, 海外では薬局でもアフターピルを購入することが出来ます。海外は日本と比べ、性教育も進んでおり、もちろん避妊に対する知識や意識も高いため、このような差があるのです。

少し話が逸れてしまいましたが、日本でもアフターピルは手に入れられます。しかし混み合うことが予想される医療機関へ行かなければならないこと、そしてアフターピル自体とても高い(保険適用外)、そもそもアフターピルを知らない、といったように様々な問題が浮き彫りとなります。

そのような時、海外医薬品の通販は非常に役立ちます。しかしなぜこのようなサイトを利用すれば処方せん医薬品であるアフターピルを購入出来るのでしょうか?不思議ですよね。その謎についてゆっくりと解説致しましょう。

海外医薬品の通販について

バ海外医薬品の通販とは一体どういう仕組みなのか?とは言いましてもそこまで難しく考えなくても問題ありません。普段利用されている通販サイトと使い方は変わりません。その商品が本来であれば医療機関へ行かなければ手に入れられない「医薬品」に置き換わっただけです。

その肝心な点である「医薬品」がなぜ購入出来るのか?それは個人輸入という仕組みを利用するため、処方せんが無くても購入が可能になります。これは薬機法(旧:薬事法)でも定められており、海外で販売されている薬を購入するのはなんら違法がありません。

ただし日本の法律で禁止されている薬を購入することはもちろん出来ません。海外では合法でも、日本国内では違法になるので逮捕されてしまいます。通販ではまずそのような違法になっている薬は販売されていませんが覚えておきましょう。

当然ではありますが、アフターピルを通販で購入することはなんら問題がありませんので安心して下さい。海外ではジェネリックも多く販売されているので、通販でも購入する事が出来ます。医療機関で処方される場合より、10分の1の価格なので、購入のためらいもかなり少なくなるはずです。

個人輸入を正しく使ってお得に

海外医薬品について説明した後に続き、今度は個人輸入について説明をしてみましょう。ですがとてもその仕組みは簡単です。特に海外旅行をされる方はすでに個人輸入をしている可能性もあります。どういうことかと言いますと、お土産を買って帰りませんか?それも実は個人輸入にあたるのです。

つまり海外から何かを購入し、日本に持ち帰ることが個人輸入。とても簡単でしょう?しかし細かい決まりもあり、特に医薬品についてはこれを守らなければ没収される可能性もあるので気を付けましょう。アフターピルは処方箋医薬品です。個人輸入をする際、1度に1ヶ月分の分量しか購入する事が出来ません。

そして現地で購入するのであればその場で見てある程度はコミュニケーションを取ることでどうにか購入出来るはず。しかし海外のサイトから直接購入するとなると、翻訳しながらと手間がかかりますし、クレジットカードやPayPalなど、即決出来る手段を持っていなければまず購入が出来ないです。

しかし海外医薬品の通販は、「個人輸入代行業者」によって開設されています。海外に滞在している日本人もスタッフとして働いているという話なので、サイトは日本語で作られ、ユーザーサポートを担当するのも日本人なのだそう。

商品(薬)についての詳しい説明などはユーザーサポートでは扱っていないようですが、通販サイトの商品ページに効果、副作用、使い方などが記載されていますし、多くのユーザーからの口コミが投稿されています。アフターピルを通販で初めて購入される場合でも少し心強いのでは無いでしょうか?

アフターピルのジェネリック

先ほどからも申しておりますが、通販サイトで扱われているのは海外で販売されているジェネリックです。アフターピルにも当然ながらジェネリックが開発され、販売されています。海外では日本のように国民皆保険制度を導入している国は少なく、実は薬の価格がとても高いのです。

そのため主にジェネリックを活用しています。理由はもちろん、価格が安いため。日本ではまだ普及され始めたジェネリックですが、海外では当たり前のように使われているのです。アフターピルのジェネリックも非常に価格が安く、1つ持っておくと非常に便利でしょう。

また海外では薬局で避妊薬を購入することが出来るため、アフターピルを使うケースに直面した場合すぐに使う事が出来ます。そのため最適な効果を得やすく、妊娠を高い確率で防ぐことが出来るのです。

通販で購入する際の注意事項

通販で購入する際の注意事項

医療機関へ行くよりも便利な通販ですが、利用する際にいくつかの注意点があります。あらかじめ知っておけばストレスも減りますし、自衛にもなるためです。そこまで難しいことではないのですぐに覚えてしまいましょう。それでは順を追ってご説明していきます。

まずは到着日数についてです。海外医薬品は当然ながら「海外」とつきますので、外国から発送されます。どの通販サイトも調べてみるとインドや香港、シンガポールなどアジア圏から発送されることが多いようです。ただ発送するだけならば一週間程度で届くと思います。

しかし海外から日本へ荷物が入る場合には様々なチェックもしなければなりません。それが税関です。そのチェックの日数も合わせ、大体1~2週間は時間がかかることを把握しておいて下さい。普段利用するような通販と同じような感覚で注文をすると、かなりストレスがかかると思います。

もう1つ注意する点が「悪質な通販サイト」を選ばないこと。実は海外医薬品の通販、調べてみれば分かると思いますがその数がとても多いことに驚くでしょう。初めて利用する時はどの通販が良いか分かりませんよね?つい値段の安いサイトへ行きがちです。

しかしあまりにも値段が安い場合は「偽物」である可能性もあります。つまり避妊作用が全くないので、妊娠をしてしまう危険性が高くなるのです。アフターピルだと思っていたものが実はただの小麦粉の塊であった、という可能性もあるのできちんとレビューがある、安すぎない、日本語表記がしっかりしている、などサイトがどういう作りやサービスなのかをきちんと見ておきましょう。

アフターピルの価格差

通販で購入する場合と、医療機関で処方される場合とではかなり価格差があります。基本的には医療機関ではノルレボが処方されます。アフターピルは低用量ピルとは違いかなり値段が高く、1回分(1錠)あたり10000円~ほど必要です。医療機関によっては10000円以上の場合もかかってしまいます。

一方通販の場合、海外で販売されているノルレボを始め、ジェネリックを多数扱っておりかなりリーズナブルな値段です。ノルレボでもおよそ半額、ジェネリックに至っては1000円前後の値段で販売されています。医療機関と比べるとかなり費用の負担が減ることでしょう。

値段の面で見れば通販の方がとても利用しやすいですが、すぐには手に入らないというデメリットもあります。海外から発送されますので10日前後は必ずかかってしまうのです。とてもじゃありませんが、3日、あるいは即日で到着するはずがありません。

あまりにも値段が安い場合は少し冷静になって下さい。さすがに500円単位で販売されていることはないと思いますが、偽物を販売しているサイトもありますので気を付けて下さい。ただ多くのサイトでは1000円前後で販売されており、口コミ数も多ければ信用が出来るでしょう。

メリットを考えてアフターピルを持とう

妊娠のリスクを防ぎたいのであれば1つでもアフターピルを手元に持っておきましょう。それだけで安心感が違います。またアフターピルは病院で処方してもらうととても高いので、あらかじめ値段の安い通販で購入しておくのがとても便利ではないでしょうか?

妊娠、出産、そして子育てをするとなるとしばらくは自身の時間も作りづらくなります。またある程度想定していなければ金銭面でも大きな負担がかかってしまいます。本来であれば避妊を確実にしておきたいところですが、いつ妊娠しても変ではない状況であるならばぜひともアフターピルは持っていましょう。

先程も言いましたが通販で購入する場合はとても値段が安いので、使わなければ使わないで廃棄もしやすいと思います。およそ1年程度は保管できるので日の当たらない場所へ保管をしておきましょう。

通販で購入出来るアフターピル

アフターピルは通販で購入するのがとても便利と説明をしていますが、ではどれくらい種類があるのでしょうか?実はその種類はかなり多く、値段の差もありますし、有効成分が異なるものもあります。ですがどれも基本的には使い方は変わりません。

どのアフターピルも正しく使えば80%以上妊娠を防ぐことが出来ますし、副作用もかなり少なくなっています。1錠だけですませられますので負担はかなり少ないので持っておいて損はありません!

アイピル

アイピル

通販で購入出来るアフターピルの中では最も有名な商品なのではないでしょうか?非常に知名度が高いのがこちらのアイピルです。すぐ後にご紹介しますが、アイピルはノルレボというアフターピルのジェネリックのため、値段がとても安いのが特徴です。

もちろん値段が安いだけではなく、アフターピルとしての役割も果たすので、とても需要が高いアフターピルだと思います。まずどれを使えばいいか迷ったのであれば、アイピルを選んでみることをおすすめ致します。

ノルレボ

通販で販売されている数多くのジェネリックはこちらのノルレボが元になっています。病院で処方されるのもこのノルレボです。今までは0.75mg錠しかありませんでしたが、1.5mg錠の発売によって1錠飲むだけですむようになり、利便性も増したのです。

ただし病院処方の場合は1回分(つまり1錠)が、10000円以上必要なところが多く、かなり診察に躊躇をしてしまうでしょう。しかし通販でノルレボを購入されるのであればその心配はいりません。なんと3分の1程度の値段で購入が出来るのです。

マドンナ

マドンナもノルレボのジェネリックであり、避妊に失敗した際に妊娠を防ぐ事が出来ます。マドンナは有効成分のレボノルゲストレルが0.75mgなので、1回に2錠飲まなければならないことに注意をして下さい。ノルレボとアイピルは1錠で済むので、間違えないようにしましょう。

ただ病院でアフターピル(主にノルレボ)処方してもらうよりもマドンナは安いため、1箱持っておけばかなり安心出来るはずです。ジェネリックに抵抗が無ければ買っておいて損はないはずです。

アンウォンテッド72

アンウォンテッド72もノルレボのジェネリックとして知られています。こちらは有効成分のレボノルゲストレルが1.5mg配合されているため、1錠だけで済みとても手軽です。しかもこのアンウォンテッド72、1箱に4条も入っているので1箱持っているだけで相当安心感が持てるでしょう。

ただしアフターピルは緊急時に使うものですので、アンウォンテッド72を毎回行為の後に使わないようにして下さい。ホルモンバランスが崩れ、副作用が起きやすくなってしまいます。

エラ

エラ(ella)はノルレボとは違う有効成分であり、ジェネリックではないため他のアフターピルよりも値段が高めです。しかしノルレボ(またはそのジェネリック)との違いが5日以内(120時間)に服用しても高い避妊効果を得られる点です。

ノルレボなどは3日以内(72時間)に服用しなければ著しく効果が落ちてしまいます。大きな違いはそこで、もちろんエラも1錠飲むだけと簡単なので、こちらに注目されている女性もいらっしゃるとのことです。

ナイピル

ナイピルはノルレボのジェネリックで新しい部類のため、まだ知らない方も大勢いらっしゃると思います。こちらはスマート社というインドの製薬メーカーが販売していますが、監修しているのが日本人の方であることから日本語表記のパッケージであり、かなり使いやすいと思います。

ナイピルも1箱4錠入りですのでいざというときに、とても役立つアフターピルでしょう。ただアンウォンテッド72でも説明したように、アフターピルは緊急時のみに使います。行為ごとに使うのはやめましょう。

アフターピルを使うタイミング

通販で購入出来るアフターピル

アフターピルで避妊を成功させるためには、使うタイミングに気を付けなければなりません。どんな薬でもそうですが、使うタイミングを間違えてしまえば効果が半減したり、あるいはまったく効果を得られないということもあるので気を付けなければなりません。

アフターピルで最も気を付けたいのが「使う時間」です。妊娠を防ぐ確率を高めるのは使う時間にあります。いったいどのタイミングでアフターピルを飲めば良いのか?これからご説明いたしましょう。

避妊の失敗時

まずアフターピルを使うタイミングとしては、「緊急避妊薬」とも呼ばれている通り、本当に緊急時に使わなければなりません。避妊薬にはアフターピルの他に低用量ピルがありますが、こちらは毎日飲み続けることで避妊効果を得ます。

そのためアフターピルは「避妊に失敗した時」にしかつかってはいけません。あくまでも緊急時にしか使ってはいけない目的で作られている避妊薬のためです。避妊の失敗とはコンドームが行為中に外れた、なんらかの事故で敗れた、はじめからコンドームを付けていないのに行為を行った、などです。

日本で避妊をする=コンドームの着用、はどなたでも思い浮かべると思いますが、実はコンドームを着けていても妊娠することがあるのです。それが上記に上げた例で、気付かずに何の対処もしないまま、妊娠していたなんてこともあるほど。

ですので「これはまずい」と思ったのであれば素直にアフターピルの頼って良いと思います。意図しない妊娠をし、まだ子供を望んでいないからと言って中絶手術を受けてしまう方がダメージが大きいと思います。

まだまだアフターピルを使って避妊をすることは日本では定着していませんが、パートナーがいらっしゃる方は1つ持っておけば、精神的な負担はかなり少なくなるので病院や通販で購入しておくことをおすすめ致します。

アフターピルの使用には時間制限がある

アフターピルの使用には時間制限がある

では肝心のアフターピルを飲む時間についてご説明をしましょう。アフターピルを使わなければならないのは、「避妊の失敗」したときです。そしてその時点から「72時間以内」にアフターピルを飲まなければ、効果を得ることが出来ません。

正確に言えば120時間以内であれば、避妊効果はあるみたいですが、やはり比べるとかなり差が出てきてしまいます。例えば24時間以内にアフターピルを使えばその避妊確率は95%以上と言われており、100%とはいかないもののほぼ確実に妊娠予防出来ます。

そしてここに注目して欲しいのですが、24時間を経過してから使うとかなりその確率が低くなってしまうのです。およそ84%程度にまで下がってしまいます。もちろんこれでも高い数字ではありますがどのタイミングで使えば最も効果を発揮するか?お分かりになっていただけたと思います。

そのため病院で処方してもらうのであれば出来るだけすぐに診察へ。通販で購入するのであれば、あらかじめ持っておくのが大事です。避妊に失敗したと思って注文をしても、そこから1週間以上かかってしまい結局病院へ行かなければなりません。この違いには注意をしておきましょう。

アフターピルを吐き出してしまった場合

アフターピルで良くしがちな失敗としては、前述してる使うタイミングの間違いがほとんどだと思います。72時間以内、おそくても120時間以内に使わなければ効果を発揮しません。そしてもう1つの失敗としては、副作用による吐き気によってアフターピルを吐いてしまい、そのままでいることです。

薬は体内で溶け出して、成分が吸収されることによって初めて作用します。アフターピルも理屈としては変わりません。そのためもし吐き出してしまったのであれば、すぐに次のアフターピルを飲む必要があります。吐き出した状態だとまだ体内で溶けていませんし、もちろん成分の吸収もされていないのです。

今ではノルレボ、そしてジェネリックのアイピルなど副作用の少ないアフターピルが多く使われるようになりました。しかし決して副作用が起きないというわけではなく、やはり中には出てしまう方もいらっしゃいます。もし心配であれば吐き気止めを一緒に使ってみるか、もう1錠用意しておきましょう。

注意事項

アフターピルを使う際にはいくつかの注意事項がありますので、これらを守って使うようにして下さい。まず妊娠した女性はアフターピルを使えません。これは避妊をするために使う薬です。アフターピルはホルモン量が非常に多く、胎児に影響を及ぼしてしまう可能性が否定出来ないためです。

本来であれば72時間以内に使用しなければならないので、この時点で妊娠している可能性があり、子供を望まないのであれば中絶手術を受けるしか方法はありません。非常に重大なもんだおいですから、使い方は絶対に知っておきましょう。

またこのご説明する低用量ピルにも言えるのですが、喫煙されている方は喫煙されていない方よりも血栓症になるリスクが高くなるので気を付けましょう。血栓症とは血管内に血の塊が出来てしまう病気で、まず最初はむくみやふくらはぎに異変が出てきます。

これを放置していると肺や脳にも塊が出来てしまう、塊が移動してしまい最悪の場合命を落としてしまうケースもあるのです。もしも喫煙されているのであれば、診察を受けている際に医師へ伝えておきましょう。

そして飲み合わせの悪い薬もあるので、これらを飲まれている方は注意をして下さい。効果が強く出過ぎてしまったり、反対に効果を下げてしまうためです。

・抗生物質
ペニシリン系
テトラサイクリン系

・喘息薬のテオフィリン製剤
・セントジョーンズワート

アフターピルによる緊急避妊は2種類

アフターピルによる緊急避妊は2種類

アフターピルを使う緊急避妊法には2つの方法があります。どちらも大きく使い方はは変わりありませんが、効果や副作用、なによりも料金が違うので覚えておいた方が便利です。その方法とはノルレボ、アイピル・マドンナ・ナイピルなどを使うノルレボ法。

そして中用量ピルのプラノバールを使って行うヤッペ法があります。2つの方法は飲むタイミングなどは同じで、使い方に関してはほとんど変わりません。しかしノルレボ法は新しい方法であり副作用が少ないため、現在こちらがメインになっています。

ノルレボ法

ノルレボ法は、ノルレボというアフターピルを使って行う緊急避妊法の1つです。ノルレボは緊急避妊のために開発されたアフターピルで、避妊効果が高く、副作用が出にくくなっています。また緊急避妊の薬として承認されているため、現在主に病院処方されているのはこちらです。

2016年からは1錠だけで完了する1.5mg錠も発売されましたので、さらに使いやすくなっていると思います。ノルレボ法は避妊に失敗した際(コンドームが外れていたり破れていた場合)に、妊娠を防ぐため、72時間以内に使って下さい。最大で120時間以内までなら効果は得られますが、早ければ早いほど避妊確率は高くなるので、不安に思ったのであればすぐに行いましょう。

ノルレボ法はとても効率の良い方法なのですが、1回分でも非常に値段が高いのがネックです。病院ごとによって違いますがノルレボの商法には10000円~20000円ほどが必要になってきます。また、アフターピルは緊急時にのみ使うことが出来る避妊薬ですので、毎日使うことは避けて下さい。

値段の関係でノルレボの処方をためらわれているのであれば、海外医薬品の通販を利用することをおすすめします。その理由は海外で販売されているノルレボや、同じ成分のジェネリックを格安で購入出来るためです。ネットで注文が出来るため、こちらを利用される女性も増加傾向にあります。

ヤッペ法

ヤッペ法も緊急避妊法の1つで、現在はノルレボ法がメインになっていますが依然利用されています。ヤッペ法で使うアフターピルは、中用量ピルとして知られているプラノバールです。主に生理時に起きる不調や不妊治療にも使われているのですが、ノルレボ法が登場するまではアフターピルとしても知られていました。

こちらも避妊に失敗した際、72時間以内に使う事で妊娠を防ぐことが出来ます。ただしノルレボ法と違う点としては多くの錠数を飲まなければならないことです。まず最初に1回2錠を飲み、その12時間後にもう2錠飲むことで完了します。飲み忘れをする方も多いため、多少面倒な方法です。

またヤッペ法で最もネックな点としては、ノルレボ法よりも副作用が出やすい点でしょう。約半数の方が副作用としての吐き気が起こるとされています。これは急激に体内のホルモン量が上がり、バランスが崩れてしまうためとされています。

吐き気を起こすのは卵胞ホルモンが要因となっており、プラノバールはとてもその量が多いです。一方のノルレボは黄体ホルモンのみですから、比較的副作用が起こりにくいのです。もしも吐き出してしまったのであれば、再度2錠飲みましょう。避妊効果が得られなくなってしまいます。

ただ、病院でプラノバールを処方される場合吐き気度目も一緒に出してくれることが多いです。吐いてしまうことが心配な方は希望してみるといいでしょう。ちなみにヤッペ法の方がノルレボ法よりも値段がやすいため、その点で選ばれる方もいらっしゃいます。

普段から避妊をするなら低用量ピル

アフターピルは緊急時にしか使ってはいけない避妊薬です。急激にホルモン量を上げ、妊娠しにくくする薬のため非常に体へ負担をかけます。日常的に使うとホルモンバランスが崩れてしまい、生理周期がずれたり生理痛が起きやすくなったり、吐き気・嘔吐なども起きやすくなってしまうので気を付けましょう。

では体への負担が少ない避妊方法としては何があるのか?それこそが低用量ピルの役目です。こちらは避妊効果を得るためには少し時間がかかりますが、毎日飲み続けることでほぼ100%の避妊効果を得ることが出来ます。ホルモン量がとても少ないので、体へ負担をほとんどかけません。

低用量ピルの役割

低用量ピルは避妊のために使われます。どの低用量ピルも1ヶ月分は28錠で、自身で決めた時間に毎日飲み続けてその効果を得ます。7日間休薬期間があり、その間は低用量ピルは飲みません。種類によっては偽薬(プラセボ)が付いており、飲み忘れを防ぐために使われます。

休薬期間が終わったらまた新しいシートを使い、避妊を行います。もし妊娠を希望するのであれば使うのを止めれば大丈夫です。だいたい1週間くらいで避妊効果はなくなります。また低用量ピルを使っていたからといって、胎児に影響が出ることはありませんのでご安心下さい。

また低用量ピルは避妊効果以外にも、生理不順・生理痛の軽減・PMSの緩和など、婦人病の改善やニキビ予防・治療のためにも使われています。実はかなり用途が広いのですが、日本ではまだまだ副優雅遅れているのが現状です。

アフターピルと低用量ピルの違い

これまでもご説明してきましたが、アフターピルと低用量ピルは使うタイミングが違います。どちらも避妊を目的として使うことに変わりはありません。しかしどのタイミングで使えるのか、というのを知っておかなければ自身の体調に影響が出てしまいますので気を付けましょう。

アフターピルは避妊の失敗などの緊急時に使い、継続して使わないこと。また72時間以内に使わなければ、効果が著しく低下してしまいます。そのため出来る限り避妊に失敗したと思った際に使う事が望ましいです。

低用量ピルは自身で決めた時間に毎日飲み続けること。1日飲み忘れた場合、なんとかカバーは出来ますが2日飲み忘れた場合、今使っているシートは破棄し、次の生理初日から新しいシートを使わなければなりません。とにかく重要なのは飲み忘れをしないことです。

アフターピルを使った際に起きる副作用

アフターピルを使った際に起きる副作用

アフターピルを使うと副作用が出てしまうことがあります。今現在メインになっているのるれ某方は、比較的副作用が出にくいとされていますが、やはりホルモンバランスが変わってしまうので人によっては不調が現れてしまいます。

もう非膣のヤッペ法はノルレボ法と比べて、副作用が出てしまう確率が高く使われた半数以上の方にでてしまった、というデータもあるほどです。どちらも主に吐き気が報告として多いのですが、他にはどのような副作用が現れるのでしょうか?

アフターピルで吐き気が起きやすい理由

アフターピルで主に起きる副作用は先程もご説明したように吐き気が多いようです。これはアフターピルの配合されている女性ホルモンが多量であるため、体内のホルモンバランスが乱れてしまうために起こります。特に吐き気を誘発しやすいのが卵胞ホルモン(エストロゲン)です。

卵胞ホルモンはノルレボ法で使うアフターピルには配合されていませんが(こちらは黄体ホルモンのみ)、ヤッペ法で使うプラノバールのは配合されています。そのためヤッペ法で緊急避妊を行うと吐き気が起こりやすいのです。

ただノルレボの主成分であるレボノルゲストレルも、吐き気が出てしまうことがあります。黄体ホルモン(プロゲステロン)には血糖値を下げる作用があり、低血糖になってしまう可能性があります。そのため中枢神経が刺激されることにより吐き気がでてしまうとのことです。

ただ病院でアフターピルを処方される際には、だいたい吐き気止めも一緒に処方してくれるはず。もしもされなかった場合は、その旨を伝えると大丈夫です。一緒に吐き気止めを飲むことで、リスクを大幅に抑えられますのでおすすめです。

吐き気以外に起きる副作用は実際に嘔吐してしまう、頭痛やめまい、また不正出血が見られることがあります。しかしこれらはどれも一時的な副作用であるため、大きな心配は必要ありません。もしも心配であれば医師に相談をしてみて下さい。

アフターピルを有効活用

アフターピルを有効活用

いつの間にか妊娠していた!中絶手術をするわけにはいかないし、これから育児をしなければならない。あらゆる準備が出来ていないのに妊娠てしまったら本当に大きな悩みになります。人生を大きく変えます。そのためまだ妊娠を望まないのであれば必ず避妊をしましょう。

低用量ピルを使うのがおすすめですが、体に合わないという方もいらっしゃいます。また避妊はしていたはずなのに(コンドームなどの避妊具)、なんらかのトラブルにより機能を果たさない時もあります。そういった時には緊急避妊法によって妊娠を防がなければなりません。アフターピルを使いましょう。

アフターピルをあらかじめ持っていればすぐに使えるため、避妊の確率が上がります。時間の経過とともにその確率が落ちてしまうのですぐに使える状況を作っていかなければなりません。もし避妊の失敗を確信、あるいは疑いがあっても病院やクリニックへ行きましょう。アフターピルを処方してもらえます。

しかし現在メインで使われているノルレボというアフターピルの値段は非常に高く、1回分(1錠)10000~20000円を超えてしまいます。使わなければならないため仕方ありませんが、やはりかなり痛い出費ですよね。そのような場合、海外医薬品の通販を使えば問題を解決できます。

海外で販売されているノルレボを購入出来るのですが、処方される場合よりも3分の1程度の値段なのです。またジェネリックも豊富に揃っており、アイピル・マドンナ・アンウォンテッド72など格安で購入出来るアフターピルもあります。到着に時間がかかるので気になった方はぜひ今すぐ購入をしましょう!