エラ(ella)について | 効果・副作用・主成分

エッチの後からでも5日以内に飲めば85パーセントの確率で避妊することができる緊急避妊薬エラについて。

エラ(ella)について

エラ(ella)について

エラ(ella)はアフターピルの種類の中の1つで、トルコの創業105年のアブディ・イブラヒム社によって製造されています。

ノルレボやノルレボのジェネリックのアイピルが72時間以内(3日以内)の服用を推奨されているのに対し、エラは120時間以内(5日以内)とされていて、避妊に失敗した性行為から薬を飲むまでの時間の猶予が1番長い薬です。

ノルレボやアイピルの有効成分がレボノルゲストレルに対してエラはウリプリスタル酢酸エステルという有効成分が使われています。
この成分は排卵を抑制する作用があるので受精卵の着床を防いでくれる効果があります。主に避妊薬として使われますが、子宮筋腫を治療する薬としても使われています。

エラは日本ではまだそんなになじみがありませんが、アメリカではすでに2010年に医療用に承認されている薬で、色んな国で使われています。

アフターピルの通販サイト

エラ(ella)の効果

エラ(ella)は120時間以内と非常に長い使用期間のあるアフターピルです。そのためある程度余裕を持って使う事が出来るでしょう。その作用は他のアフターピルと同じように排卵を抑えたり、遅らせたりすることで受精の確率を防ぎます。

また、子宮内膜が厚くなることを防ぐため着床する確率も下げる事ができ、妊娠をより防ぐ事が可能なのです。それから3~21以内に消退出血が起きますので、それが確認されれば避妊は成功です。逆を言えば消退出血がまだ確認されないのであれば、その間は性行為を控えておきましょう。排卵がそのタイミングで起き、妊娠してしまうかもしれないためです。

エラ(ella)は120時間以内と非常に長い使用期間のあるアフターピルです。そのためある程度余裕を持って使う事が出来るでしょう。その作用は他のアフターピルと同じように排卵を抑えたり、遅らせたりすることで受精の確率を防ぎます。

また、子宮内膜が厚くなることを防ぐため着床する確率も下げる事ができ、妊娠をより防ぐ事が可能なのです。それから3~21以内に消退出血が起きますので、それが確認されれば避妊は成功です。逆を言えば消退出血がまだ確認されないのであれば、その間は性行為を控えておきましょう。排卵がそのタイミングで起き、妊娠してしまうかもしれないためです。

もちろんエラも早く使うことによって、妊娠を予防出来る確率が高くなりますので、120時間の余裕があるとはいえどなるべく早く使いましょう。後ほどそれについても説明しますが、エラは海外でのみ販売されているアフターピルなので、使われたいのであれば、あらかじめ持っておく必要があります(病院によっては処方してくれるところもあるようです)。

エラの副作用

エラの副作用

エラ(ella)は120時間以内と非常に長い使用期間のあるアフターピルです。そのためある程度余裕を持って使う事が出来るでしょう。その作用は他のアフターピルと同じように排卵を抑えたり、遅らせたりすることで受精の確率を防ぎます。

また、子宮内膜が厚くなることを防ぐため着床する確率も下げる事ができ、妊娠をより防ぐ事が可能なのです。それから3~21以内に消退出血が起きますので、それが確認されれば避妊は成功です。逆を言えば消退出血がまだ確認されないのであれば、その間は性行為を控えておきましょう。排卵がそのタイミングで起き、妊娠してしまうかもしれないためです。

エラ(ella)は120時間以内と非常に長い使用期間のあるアフターピルです。そのためある程度余裕を持って使う事が出来るでしょう。その作用は他のアフターピルと同じように排卵を抑えたり、遅らせたりすることで受精の確率を防ぎます。

また、子宮内膜が厚くなることを防ぐため着床する確率も下げる事ができ、妊娠をより防ぐ事が可能なのです。それから3~21以内に消退出血が起きますので、それが確認されれば避妊は成功です。逆を言えば消退出血がまだ確認されないのであれば、その間は性行為を控えておきましょう。排卵がそのタイミングで起き、妊娠してしまうかもしれないためです。

もちろんエラも早く使うことによって、妊娠を予防出来る確率が高くなりますので、120時間の余裕があるとはいえどなるべく早く使いましょう。後ほどそれについても説明しますが、エラは海外でのみ販売されているアフターピルなので、使われたいのであれば、あらかじめ持っておく必要があります(病院によっては処方してくれるところもあるようです)。

エラ(ella)の主成分

エラ(ella)の主成分、ウリプリスタル酢酸エステルは黄体ホルモン剤です。ノルレボの主成分であるレボノルゲストレルも同じく黄体ホルモン剤で、卵胞ホルモンは含まれておりません。効果としては排卵を抑える、そして子宮内膜の増加を抑える、子宮頸管の粘液を増やし精子を通りにくくする、などです。

また他の特徴には子宮筋腫の治療にも用いられていることです。これもまた海外でのみ販売されている薬であるため、日本では流通をしておりません。子宮筋腫の治療薬としてはエラではなく「ESMYA」という名前で販売されています。

ESMYAの場合は3ヶ月間毎日服用をし、その後は1ヶ月服用を休むというパターンを取ります。ESMYAはエラよりも内容量が少ないため、毎日服用しても副作用が起こりにくいのです。

エラ(ella)の購入方法

エラ(ella)は日本では承認されていないアフターピルです。しかし病院でも少なからず処方してもらえるところはあるようなので、問い合わせるかホームページなどを見て確認をしましょう。値段はとても高く、1回分(1錠)10000~20000円と、ノルレボとほぼ同じになります。

アフターピルは普段使わないものですし、実際に使わなければ妊娠する可能性があるため、避妊の失敗時には必ず使わなければなりません。しかし費用の高さによってなかなか購入出来ないという方もいらっしゃいます。

しかし病院ではなく海外医薬品の通販を使う事で、かなり費用を抑えることが出来るのです。なんとその値段は半額程度。5000円以内で購入することが出来ます。通販のアフターピルの中では1番高い商品になっているようですが、それでも病院と比較をすればかなり違ってきます。

病院の場合は時間もそうですし、診察費・処方料なども加算され、遠方から通っていれば交通費も考えなければなりません。色々な費用が含まれ1回の診察で20000円以上必要なことがあるはず。しかし通販を医療すればエラの代金と送料(条件やサイトによって送料無料)しか必要がありません。

エラを購入したいのであれば通販がおすすめです。しかし他のアフターピルと同様、海外から発送されるため、本当に必要な時に注文をしても10日前後かかる点に注意をしましょう。いつ何が起きるか分からないからこそ使うアフターピルですので、事前に購入しておくことをおすすめします。