アフターピルで有名なアイピルの価格は緊急避妊薬の中でも安いアフターピルです。通販のみで購入することができます。

アイピルは価格の安い人気のアフターピル

アフターピルは通販でお得に購入が出来ます 通販(海外医薬品の通販)では、アフターピルのジェネリックを購入することが出来ます。その中でも最も人気が高いと言われているのが「アイピル」です。なぜ人気が高いかその理由はとても分かりやすく、病院でアフターピル(主にノルレボ)を処方してもらうよりも値段が安いためです。

その値段は1回分(1錠)約1000円前後!病院の10分の1の値段で購入できます。この持ちやすい値段が受けて、通販で購入されるアフターピルの中で非常に人気が高くなったようです。もちろん値段の面だけではありません。アイピルはノルレボのジェネリックですから、非常に高い確率で避妊を成功させます。

アフターピルは避妊の失敗時に使う避妊薬です。出来るだけ早く使えば、90%以上の確率で避妊ができ、アイピルももちろんその使い方に変わりはありません。1つ持っておけばそれだけ安心感が違いますので、ぜひ利用してみましょう。

アイピルはなぜ価格が安い?

アイピルはなぜ価格が安い?

なぜアイピルの値段はこんなにも安いのでしょうか?1回分が1000円程度ですから、病院で処方されるよりも非常に安く購入することが出来ます。それはアイピルがジェネリックであるから。そして海外のジェネリックは日本以上に安いこと。この2点がアイピルの安さの秘密だと思います。これらの点についてもう少し詳しく見ていきましょう。

アイピルはアフターピルのジェネリック

アイピルはノルレボというアフターピルのジェネリックです。主成分はレボノルゲストレルで、もう1つの緊急避妊法であるヤッペ法よりも使いやすくなっており、現在の緊急避妊はこちらが使われています。しかしノルレボの値段は非常に高く、1回分(1錠)がおよそ10000~20000円かかってしまいます。

そして日本ではまだノルレボのジェネリックは登場していません。まだ発売から年数が経過していないためです。ジェネリックの製造は約20年が経過しなければならないのでまだまだ当分先。しかし海外ではすでにアイピルという形で販売されています。

これはインドの製薬メーカーが製造販売しているためです。実はインドではこういったジェネリックの製造条件とは他国と違います。そのためまだ新しい薬の成分でもジェネリックを製造出来るのです。しかもインドはジェネリック大国とも言われ多くの製薬メーカーがあり、非常に競争が激しいのです。

インド本国での販売価格がとても安く、さらには世界各国にも輸出されています。インド製のジェネリックは安くて品質もいいと世界中で使われているのです。しかし日本では認可されていないアフターピルのため病院では処方されていません。購入するためには通販を利用する必要があります。

アイピルと病院処方のアフターピルの値段

先程から何回か説明をしてますがもう一度アイピルと病院で処方されるアフターピルの値段を比べてみたいと思います。アイピルは1回分(1錠)が約1000円。多くの通販サイトを見て比較するとだいたいこの値段で販売されているサイトが多いようです。

しかも通販サイトは多くの数量を購入することで1錠あたりの値段が安くなっていく仕組みです。最も多い30回分(30錠)を購入した場合、なんt1錠の値段が810円とかなり下がり、もっと安く購入することが出来ます。アフターピルは日常的に使うものではありませんが、多めに持っておくとお得でしょう。

変わって病院でアフターピルを処方してもらう場合の値段を見ていきます。ノルレボ法で使うノルレボの場合、1回分(1錠)の値段は10000~20000円です。避妊薬は保険適用されない薬のため、全額負担をしなければなりません。もう1つの方法であるヤッペ法で使うプラノバールの場合も、5000~8000円程度かかります。いかにアイピルが安く購入出来るかがお分かりいただけたでしょう。

アイピルの効果と使い方

アイピルの効果と使い方 アイピルは避妊に失敗した際、妊娠を防ぐために使いますがその仕組みとはいったいどういうものなのかを簡単に解説したいと思います。アイピルを使う事で起きる効果とは、排卵の抑制により妊娠を防ぐというものです。仮に排卵していたとしても受精しにくくなり、さらには子宮内膜が剥がれやすい状態になっているため受精卵が着床しにくいの状態を作り出します。

その後避妊が成功したと確認が出来るまでは、セックスをしてはいけません。アイピルの効果によって排卵が遅れているので、そこで妊娠をしてしまうかもしれないためです。消退出血が起きるまでは控えるようにして下さい。

使い方は決められている時間があるので、それを必ず守るようにします。避妊に失敗したと思われるセックスから72時間以内にアイピルを服用しましょう。ただ120時間以内であればアイピルで避妊は可能です。しかし確率を高めたいのであれば24時間以内に使う事が望ましいです。

そしてアイピルは避妊の失敗時のみにしか使ってはなりません。低用量ピルのように毎日使ってしまうと、体内のホルモン量が異常に高まってしまい様々な弊害が出てしまいます。もしも妊娠を防ぎたいのであれば低用量ピルを使って下さい。