低用量ピルについて
TOP >低用量ピルについて

毎日の定刻服用で99.9パーセントの避妊効果のある低用量ピルについて、服用方法や注意点、その他効果などを記載。

低用量ピルってどんな薬?

低用量ピルってどんな薬? 避妊薬には2つの系統があり、どちらも避妊のために使う薬ですが、使うべきタイミングが違います。1つはアフターピルで、こちらは避妊をしていなかった・避妊に失敗した、という時に使う避妊薬です。そしてもう1つの避妊薬が低用量ピル。皆さんが一般的にイメージする避妊薬がこちらです。

単にピルと呼ばれているのも低用量ピルです。ではどのようなタイミングで使うか?それは避妊をしたい時まで使います。低用量ピルは決まった日にち(大体28錠入り)飲む必要があり、その間は毎日続けなければなりません。

そして7日間休薬期間を設けた後、また新しく低量ピルを飲んで避妊効果を得ていきます。これを続けている間はほぼ100%避妊することが可能で、最も確実な方法と言えるでしょう。

低用量ピルを使うことで得られること

冒頭でもご説明をしたように、日本におけるピル=低用量ピルと思ってもらっていいでしょう。実はもう1つの避妊薬の系統であるアフターピルはあまり存在が知られておりません。

低用量ピルの役割は避妊をすることです。続けている限りはほぼ100%妊娠することはありません。もし子供を望むのであれば低用量ピルをやめれば妊娠することが出来ます。

実はそれ以外にも低用量ピルの用途はあり、生理不順や生理痛を緩和させたりニキビ予防やムダ毛予防に役立っています。美容効果も実は高いのです。

避妊効果

避妊効果

低用量ピルは飲み続けることで避妊効果を得られますので、1シート分を毎日飲みましょう。そうすることで避妊効果が続き、妊娠を防ぐ事が出来ます。ほぼ100%というのは間違えて使い方をした場合も含まれているので、正しい用法用量であれば不安を感じる事は一切ありません。

低用量ピルは種類がとても多いので、自身に合うものを見つけて使いましょう。最低でも1ヶ月は使って下さい。副作用の方が出やすくなるので、体調面でとてもつらくなってしまいます。しかし反面、合う低用量ピルさえ見つかれば、後ほどご紹介する様々な生理トラブルも起きなくなり、美容効果も得られるのでかなりメリットがある薬と言っても過言ではありません。

生理不順、生理痛の軽減

低用量ピルは生理不順や生理痛の軽減にも役立ちます。生理不順や生理痛の原因は生活習慣が変わった女性のストレス等が主とされています。それがすなわちホルモンバランスの乱れとなり、体調に変化をもたらすのです。その過程では本来正しいリズムで起こるはずの生理にも影響。

周期がずれてしまったり、出血量が多くなってしまったりなど問題が起きてしまいます。そのホルモンバランスの乱れを低用量ピルによって正しい状態へ戻していくのです。もちろん定量量ピルだけではなく、少しずつでいいので生活習慣の見直しもしていきましょう。

ムダ毛予防

低用量ピルではムダ毛の予防も出来るとされています。特にこのあとご紹介しますが、男性ホルモンの配合がほとんどないマーベロン・ヤーズ・ダイアン35などは特にその効果が顕著です。なぜなら配合されているホルモンの量が少ないことと、男性ホルモンも少ないためです。

女性ホルモンも体毛を生やす作用はありますが、それは髪の毛のみ。男性ホルモンは髪の毛以外の体毛を生やす作用があります。つまり女性ホルモンのバランスを優位にすることによってムダ毛が生えにくくなるのです。

美肌効果

低用量ピルにより美肌になるという報告は多数あります。ネットで検索した結果を見てもまちがいではないでしょう。これもムダ毛予防と同じように、女性ホルモンが優位になることで肌が綺麗になっていくのです。

というのもニキビの原因は男性ホルモンの分泌が多くなることで皮脂が多くなり、毛穴が詰まって発生します。女性も少量ながら男性ホルモンを分泌するのですが、多くなってしまうとニキビが出来やすくなるのです。もちろん食生活や睡眠不足なども原因となりますので、合わせて改善していきましょう。

低用量ピルの使い方

低用量ピルの使い方

低用量ピルの使い方はとても簡単です。それは1日に1回1錠飲めばいいだけのため。多くの錠数を飲まなくても良いため、飲み忘れというものがありません。ただしタイミングを間違えないこと、継続をしなければならないことに気を付ける必要があります。

飲むタイミングはなるべくであれば毎日決まった時間にしましょう。ホルモン量が24時間一定の量が保てるためです。そして続けなければ意味がありません。低用量ピルは1シート分を毎日飲むことで避妊効果を得ることが出来ます。もし1日飲み忘れたのであれば、気付いた時点で飲み忘れた分を飲みましょう。

それから当日の分をいつもどおりの時間に飲めば大丈夫です。しかし2日間飲み忘れてしまうと意味が無くなってしまうのです。生理初日に新しいシートを使って再度避妊効果を得る必要があります。少し面倒ですが、避妊をされたいのであれば必ず覚えておきましょう。

低用量ピルの使い方

低用量ピルは現在いくつもの種類があります。成分もそうですし、若干使い方も変わってきますので、体調面も考慮しながら自身に合った商品を探して下さい。合わない低用量ピルを続けると副作用のほうが目立ってしまい、非常につらい状態を招くためです。こちらを参考にまずは探し、病院で相談をしながら続けてみましょう!

マーベロン

マーベロンは病院でもよく処方されている低用量ピルです。ホルモン量が一定のため、錠剤を変える必要が無くとても簡単に使えるため、低用量ピルを初めて使われる方に好まれています。ホルモン量がかなり少ないため、副作用が起こりにくいのも特徴です。

トリキュラー

トリキュラー

日本はもちろんのこと、世界中で処方量がとても多い低用量ピルです。ホルモン量が違う3つの錠剤を日にちごとに使い、体内で分泌されるホルモン量ととても近いため副作用が起こりにくいためです。多少慣れは必要ですが、非常に効果の高い低量ピルと言えます。

ヤーズ

ヤーズは低用量ピルよりもさらにホルモン配合量が少ない、超低容量ピルに分類されています。そのため副作用がより起こりにくいのが特徴です。日本では主に生理不順や生理痛の治療のために処方されており、避妊薬としては承認されていません。ですがもちろん避妊効果はありますのでご安心下さい。

ダイアン35

ダイアン35は体が小さいアジア人に向けて開発された低用量ピルです。そのため副作用が起こりにくいのが特徴です。またニキビ予防やムダ毛予防、バストアップ効果にも期待でき、避妊効果を得るよりもその目的で使われている方が多いようです。

ロエッテ

ロエッテはトリキュラーと同じ成分が配合されています。低用量ピルとしてもですが、アフターピルとしても使えるようです。日本ではあまり馴染みがなく、処方も少ないと思いますが、通販で購入することが出来ます。ロ彫ってはトリキュラーと同じ成分が配合されています。低用量ピルとしてもですが、アフターピルとしても使えるようです。日本ではあまり馴染みがなく、処方も少ないと思いますが、通販で購入することが出来ます。

低用量ピルの入手方法

低用量ピルの入手方法

最後の低用量ピルの入手方法についてご説明をします。現在2通りの方法があり、1つは皆さんもご存知である病院で処方してもらう方法です。婦人科やレディースクリニックでもらうことが出来ます。低用量ピルは処方せん医薬品であるため必ず病院へ行かなければなりません。

そして日本では保険適用外であるため、全額負担をしなければならない薬です。どの低用量ピルも2500~3500円前後であり、一見負担は少ないように見えます。しかし避妊を続けられるのであれば毎月病院へ行く必要があるので、低用量ピルの料金と病院でかかる費用が負担になってしまうでしょう。

通販でも購入出来ます

しかしもう1つの入手方法である通販(海外医薬品の通販サイト)を使えば、毎月の負担をかなり減らすことが出来ます。まずひとつがどの低用量ピルも病院で処方してもらうよりも安いこと。だいたい1シート1000~2000円と非常にリーズナブルです。

まとめて購入すればさらに安くなり1シートが1000円を切ることもあります。そして通販であるため病院へ行く必要がなく、低用量ピル以外の費用がかからないことです。自宅でも注文出来るので時間を無駄にすることもありません。通販はとても便利ですから、一度使ってみることをおすすめ致します。